おりものが臭い女性のための対策について

子宮、卵巣、膣がある女性におりものはつきもので、おりものはいわば分泌物です。
おりものの臭いがきついとか異常な悪臭であるという場合は要注意です。

 

おりものの臭いは正常ならきつくない

おりものは臭うと決めつけるのは早計で、正常なおりものならたとえ臭いはしても、その臭いはきつくはありません。
おりものは分泌物ですから多少は臭いがあるものなのです。
特に生理の前などには多少おりものの臭いがきつくなることがあります。

 

おりものの臭いが強い時の臭いの原因

おりものの臭いが強くいわゆる異臭という時には臭う原因があります。
一番多いのは、膣内で雑菌が繁殖した時で、そのまま放置すると臭いがますます強くなります。
この場合は自分できちんとケアすれば臭いは収まるでしょう。

 

ストレスが女性ホルモンを乱すとおりものが臭う

ストレスは誰もが感じるのが今の世の中で、じょうずにストレスと付き合えないと
女性ホルモンが乱れることがあります。
また体調が勝れないとやはり女性ホルモンが乱れます。
そうするとそれが原因でおりものが臭うことがあります。

 

風邪薬の抗生物質がおりものが臭う原因

膣内には膣を雑菌から守るデーデルライン桿菌が常に住み着いています。
しかし風邪などで抗生物質を投与されると、薬がデーデルライン桿菌までも殺菌することがあります。
そうなると膣内の雑菌がのさばって、おりものが嫌な臭いになることがあります。

 

おりものが異常な臭いだと病気の疑いがある

おりものの臭いが異常な場合は雑菌が原因以外に、膣の病気があります。
膣の病気はたくさんありますが、おりものの異臭に関係する病気には、
たとえば膣カンジダ症やトリコモナス膣炎、あるいは細菌性膣炎などがありますから、
様子を見てできれば早めに婦人科で診察してもらいましょう。

日常生活でおりものを正常に保つ工夫とは

おりものは、言うまでもなく他人に見られるようなものではありません。
しかし、色合いや粘度がおかしいと自分が不安になりますし、
悪臭が強ければ他人に嫌な思いをさせる可能性があります。
ですから、できる限りおりものの状態を安定させるようにしましょう。

 

生活習慣の狂いがおりものに影響する

おりものに異変がある場合には、
膣等の婦人科系統器官に異変が生じている可能性が高いです。

 

そして大切なのは、なぜ膣等の婦人科系統器官に
異変が生じてしまったのかを突き止める事です。

 

免疫機能の衰えがおりものの異変の要因になりやすい

もちろんそれが全てではありませんが、おりものの異変の要因の最たるものは、
免疫機能の衰えです。

 

おかしなおりものが出る際には、やはり膣の中に炎症が生じている場合が多いのです。
膣内には様々な細菌類が住んでおり、この細菌達が膣に炎症を生じさせるのです。

 

ただ、健全な状態である場合には、膣に炎症が生じる事はあまりありません。
膣に炎症が生じているという事は、規模はどうあれ、
一種の感染症に見舞われてしまっているという事になります。

 

細菌類の感染能力が急激に高まる事などはまずあり得ませんから、
感染を食い止めるための免疫機能が衰えているのだと捉えるのが普通です。

 

そして免疫機能の衰えの原因としては、生活習慣の乱れや、
何らかの疾患に見舞われてしまっている事などが挙げられます。
これといって思い当たる節が無いのであれば、大抵は生活習慣の方に問題があります。

 

おりものの乱れを防ぐには?

ですから、生活習慣を安定させる事が基礎となります。
基礎的な事ではありますが、それができないと、どんなに他の努力をしても、
おりものの悪臭などが消えてくれない確率が高いです。

 

そして生活習慣の安定化に努めつつ、さらにもう一工夫、二工夫する事が重要です。

 

糖分の過剰摂取は避けましょう!

「糖分」、つまり「甘い食べ物」となると「おやつ」などが連想されて、
「生活習慣の要素である食生活」には含まれないような気がしてしまうかもしれません。

 

ただ、糖分を過剰摂取すると、膣の中の状態が悪くなって、
おりものがおかしくなりやすくなるので気を付けましょう。

 

陰部の風通しを良くしましょう!

細菌類がおりものの異変の要因になるという事は、
裏を返せば細菌類の繁殖を食い止めれば良いという事になります。

 

そして「陰部は蒸れが起きやすい場所であり、
細菌類が繁殖しやすい」という事実があります。

 

ですから、パンツ類に気を使って、陰部の風通しを良くして
蒸れを防ぐというのが効果的です。
そしてパンツだけでなく、ナプキンやおりものシートに関しても気を使うべきです。

 

化学繊維のナプキンや紙系統のおりものシートは可能な限り使わないようにして、
布系のそれらを身に付けるようにしましょう。

 

避妊用具をきちんと使いましょう

ご存知の通り、セックスも膣への細菌感染の要因になり得ます。
これを防ぐには、避妊用具であるコンドームの使用が有効です。
男性側にこれらの事をきちんと理解してもらった上で、安全なセックスをしましょう。
陰部 臭い 対策